広島県立世羅高等学校同窓会の活動と投稿記事の紹介サイトです

同窓会活動Activity

同窓会沿革概要

旧広島県立世羅中学校

1923
(大正12)
校友会設立
会誌「校友」第1号発刊
1927
(昭和2)
同窓会設立
1935
(昭和10)
同窓会名簿発刊(3月)
1937
(昭和12)
同窓会名簿発刊(7月)
1940
(昭和15)
会誌「校友」第18号発刊(これが最終号となる)
1949
(昭和24)
校友会・同窓会解散

※校友会,同窓会長には学校長が就任。



旧広島県立甲山高等女学校

1909
(明治42)
校友会設立
1919
(大正7)
同窓会設立
1928
(昭和3)
会誌「尚美」1号発刊
1940
(昭和15)
会誌「尚美」5号発刊(最終号)
1949
(昭和24)
校友会・同窓会解散


広島県立世羅高等学校

1949
(昭和24)
新同窓会発会式挙行(7月)
会長 米田幸寿 副会長 杉本義夫,信実美子,瀬戸良子
1951
(昭和26)
高校再編成後の施設拡充が急がれている母校支援のため,その中の運動場拡張と職員住宅建設の基金募集に同窓会として協力する。(発起人代表 同窓会会長 渡辺哲二)
1962
(昭和37)
稲田寛郎会長辞任に伴い,新会長に坂口昇を選任。
1963
(昭和38)
同窓会員名簿発刊(旧県立世羅中学校及び世羅高等学校関係)
1964
(昭和38)
同窓会員名簿発刊(旧県立甲山高等女学校関係)
1971
(昭和46)
同窓会会員名簿発刊(旧世羅中,旧甲山高女,世羅高校を包含したもの)
1974
(昭和49)
母校創立80周年記念事業として,同窓会館建設を前年の総会で決定。
これを受けて同窓会館建設委員会(委員長 稲田寛郎)を結成し,募金活動に取り組む。(1月)
1977
(昭和52)
同窓会館(創立80周年記念館)落成(1月)
定時制中心校の「記念碑」設立(11月)
定時制中心校で学んだ同窓生の募金により,母校正門東側に設立。
1981
(昭和56)
同窓会会員名簿発刊(6月)
1983
(昭和58)
旧広島県立甲山高等女学校「校舎のお別れ会」開催(8月)並びに記念事業として,記念碑の設立と記念誌「鈴の音」を発刊。
1986
(昭和61)
母校創立90周年史関係資料収集。(10月)
1988
(昭和63)
同窓会会員名簿発刊(8月)
1990
(平成2)
母校創立百周年記念事業として記念誌発行を企画し,それに携わる協力委員坂口昇会長外14名を選任。(8月)
1991
(平成3)
8月の総会において,同窓会規約の一部改正を決定。
第1回記念誌委員会(8月)において,編集委員(委員長 高橋明夫)16名を選任。
1993
(平成5)
母校創立百周年記念事業実行委員会結成(委員長 坂口昇)
1994
(平成6)
総会において,創立百周年記念事業の一つとして,同窓会会員名簿発行を決定。
1996
(平成8)
母校創立百周年記念誌発行(3月)
同窓会会員名簿発刊(2月)
創立100周年記念式典(6月)
1998
(平成10)
新会長に小島敏文を選任(8月)
1999
(平成11)
世羅高校を育てる会発足(8月)
2000
(平成12)
同窓会報 創刊号発行(1月)
2001
(平成13)
世羅高校一八会が同窓会台湾同学会と大同高級中学を訪問(10月)
2002
(平成14)
国際交流推進会議が結成(2月)
台湾大同高級中学と姉妹校提携(5月)
2004
(平成16)
台湾修学旅行始まる(10月)
同窓会館で食堂を再開
2006
(平成18)
同窓会会員名簿発刊(1月)
新体育館が落成(落成式は,創立110周年記念式典と同時開催)(10月)
創立110周年記念式典及び講演会開催(11月)(委員長 同窓会副会長 田中信博)
2007
(平成19)
広島県立三和高等学校を統合(4月)
2010
(平成22)
在米同窓会員の仲介により,ソートン・ドノバンスクール(アメリカ合衆国ニューヨーク州)と姉妹校協定を締結(1月)
2011
(平成23)
同窓会改革による同窓会総会(8月)
2012
(平成24)
広島県立大和高等学校を統合(4月)
2015
(平成27)
全国高等学校駅伝競走大会で男女同時優勝を達成(12月)
2016
(平成28)
新校舎が落成に伴い,創立120周年記念事業実行委員会として,新校舎への校章・校名板を設置(1月)
同窓会規約の全部改正(7月)
創立120周年記念式典開催(9月)(委員長 同窓会副会長 瀬尾圭三)
2017
(平成29)
小島敏文会長の辞任に伴い,松浦邦夫を新会長として選任(4月)
新規約による新役員の選任(7月)
2018
(平成30)
同窓会名簿の発刊を決定(3月)
同窓会ホームページの開設(6月)


pagetop